So-net無料ブログ作成
検索選択

国内自動車販売1~7月の結果。 [★クルマ(全般)]


 トヨタ・ノア/ヴォクシーマツダデミオ、スバル・インプレッサ
などの主力の新車が登場し、ランキングに多少の変動があった。
 引き続き、トヨタ・アリオン/プレミオ、日産

日産デュアリスのすべて

日産デュアリスのすべて

もセールスを
伸ばしている。

新型ヴォクシー/ノアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新型ヴォクシー/ノアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 大型本

新型デミオのすべて (ニューモデル速報 (第393弾))

新型デミオのすべて (ニューモデル速報 (第393弾))

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 大型本

impreza MAGAZINE (インプレッサマガジン) 2007年 10月号 [雑誌]

impreza MAGAZINE (インプレッサマガジン) 2007年 10月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2007/08/25
  • メディア: 雑誌

新型プレミオ/アリオンのすべて

新型プレミオ/アリオンのすべて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本


1月~6月に対しては、トヨタ、スバルだけが、シェアを向上に成功した。
日産、ホンダがキャンペーンなどが終了し、ここに来て苦戦している
傾向と言える。

今年、1~7月の合計販売台数。
1.トヨタ・カローラ 88.871台
2.トヨタ・ヴィッツ 72.368台
3.ホンダ・フィット 54.237台
4.トヨタ・パッソ 52.239台
5.日産・セレナ 48.651台
6.トヨタ・エスティマ 47.445台
7.日産・ティーダ 39.146台
8.マツダ・デミオ 38.304台↑
9.ホンダ・ストリーム 38.154台↓
10.トヨタ・ヴォクシー 37.328台↑

11.トヨタ・ウィッシュ 37.316台↓
12.日産・ノート 36.110台↓
13.トヨタ・クラウン 36.062台↓
14.トヨタ・ラクティス 34.120台↑
15.日産・キューブ 33.956台↓
16.ホンダ・ステップワゴン 33.523台↑
17.トヨタ・プリウス 33.263台↓
18.トヨタ・アルファード 33.064台
19.スズキ・スイフト 31.607台
20.トヨタ・ノア 28.817台↑

21.日産・マーチ 28.682台↓
22.トヨタ・bB 25.419台
23.スバル・レガシー 24.479台↑
24.トヨタ・アイシス 24.095台↑
25.トヨタ・マークX 23.939台↓
26.トヨタ・ブレイド 23.006台↓
27.トヨタ・オーリス 22.082台
28.トヨタ・ポルテ 21.622台↑
29.トヨタ・シエンタ 21.505台↓
30.スバル・インプレッサ 21.396台↑

31.トヨタ・プレミオ 20.617台↑
32.トヨタ・ハリアー 20.299台↓
33.ホンダ・オデッセイ 19.300台↓
34.トヨタ・アリオン 19.269台↑
35.三菱・デリカD5 17.450台(1月登場)
36.日産・ウィングロード 17.065台↓
37.ホンダ・モビリオ 16.880台↓
38.日産・スカイライン 15.522台
39.マツダ・プレマシー 15.483台
40.マツダ・アクセラ 15.054台

41.トヨタ・ベルタ 14.531台
42.ホンダ・エアウェイブ 13.997台
43.日産・ブルーバードシルフィ 13.536台↑
44.マツダ・MPV 13.512台↓
45.レクサス・LS 12.799台
46.日産・エルグラド 11.805台
47.ホンダ・エリシオン 11.652台
48.ホンダ・クロスロード 11.481台(2月登場)
49.トヨタ・ラウム 10.955台↑
50.ホンダ・CR-V 10.952台↓

51.三菱・コルト 10.234台↑
52.トヨタ・ラッシュ 9.828台↑
53.日産・Xトレイル 9.225台↓
54.日産・ラフェスタ 9.118台↑
55.トヨタ・RAV4 9.064台↓
56.トヨタ・ランドクルーザー 8.676台
57.マツダ・ベリーサ 8.482台↑
58.三菱・アウトランダー 8.473台↓
59.ホンダ・シビック 8.319台
60.スバル・フォレスター 7.931台

61.日産・デュアリス 7.129台(6月登場)↑
62.トヨタ・イスト 6.555台↓
63.日産・ティアナ 6.353台↓
64.日産・フーガ 6.042台↓
65.日産・プレサージュ 5.766台↓
66.スズキ・SX4 5.425台↓
67.マツダ・アテンザ 5.139台
68.レクサス・IS 5.136台↓
69.日産・ムラーノ 4.920台
70.トヨタ・アベンシス 4.854台↓

71.トヨタ・ハイエースワゴン 4.610台↑
72.トヨタ・カムリ 4.587台↓
73.ホンダ・アコード 4.444台↓
74.トヨタ・カルディナ 4.267台(6月生産終了)↓
75.三菱・ランサー 4.258台↓
76.スズキ・エスクード 4.237台
77.トヨタ・ハイラックスサーフ 3.994台
78.マツダ・CX-7 3.716台
79.ダイハツ・ブーン 3.573台↑
80.三菱・パジェロ 3.554台↓

81.トヨタ・ザクシードワゴン 3.354台
82.レクサス・GS 3.245台↑
83.スズキ・ソリオ 3.243台↑
84.トヨタ・イプサム 3.145台↑
85.スズキ・ランディ 3.136台(1月登場)↓
86.マツダ・RX-8 2.752台
87.マツダ・ロードスター 2.649台
88.ホンダ・フィットアリア 2.624台↑
89.ダイハツ・クー 2.562台↓
90.ホンダ・エディックス 2.558台

91.トヨタ・プロボックスワゴン 2.447台
92.スズキ・シボレーMW 2.372台↑
93.日産・フェアレディZ 2.282台↓
94.トヨタ・クルーガー 1.847台
95.ダイハツ・ビーゴ 1.648台
96.三菱・パジェロイオ 1.504台(6月生産終了)
97.日産・ステージア 1.430台(6月生産終了)
98.トヨタ・MR-S 1.187台
99.スズキ・シボレークルーズ 1.171台↑
100.トヨタ・マークⅡブリット 1.088台(6月生産終了)↓

101.日産・キャラバンシルクロード 1.064台
102.ホンダ・インスパイア 1.059台
103.トヨタ・プログレ 856台(6月生産終了)
104.ホンダ・レジェンド 850台
105.日産・シーマ 718台
106.スズキ・ジムニーシエラ 628台↑
107.三菱・グランディス 627台↓
108.ホンダ・S2000 589台
109.トヨタ・ブレビス 561台(6月生産終了)
110.レクサス・SC 522台

111.トヨタ・センチュリー 243台
112.スズキ・エリオ 125台↓(4月生産終了)
113.日産・プレジデント 116台
114.ダイハツ・アルティス 83台↑
115.日産・サファリ 77台(6月オーダー終了)↓


スズキの反撃、スバルが回復傾向と言える1月~7月の結果。
こちらでも、ホンダが苦戦してます。既に8月の結果も出てますが、、
少々先行き心配と思われます。
直接日本では大きく関係はしないでしょうけど、F1での大苦戦が、
市場にも影響しているのか?。

「軽」ウォーズ戦陣訓―スズキvs.トヨタvs.ホンダ 組織が勝つか、人間が勝つか (PRESIDENT BOOKS)

「軽」ウォーズ戦陣訓―スズキvs.トヨタvs.ホンダ 組織が勝つか、人間が勝つか (PRESIDENT BOOKS)

  • 作者: 永井 隆
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本


軽自動車(乗用車のみ)の今年1~7月の合計販売台数です。

1.スズキ・ワゴンR 140.783台
2.ダイハツ・ムーヴ/ラテ 134.611台
3.ダイハツ・タント 63.805台
4.ダイハツ・ミラ/ジーノ 58.362台
5.ホンダ・ライフ 50.149台
6.日産・モコ 38.538台
7.三菱・ekワゴン 36.554台
8.スズキ・MRワゴン 34.173台
9.スバル・ステラ 31.826台
10.ホンダ・ゼスト 28.668台

11.日産・オッティ 26.726台
12.スズキ・アルト 25.958台
13.ダイハツ・エッセ 24.606台
14.スズキ・セルボ 22.879台
15.スズキ・ラパン 21.549台
16.スズキ・エブリイワゴン 20.896台
17.マツダ・AZワゴン 18.631台
18.ホンダ・ザッツ 17.244台
19.ホンダ・バモス 17.136台
20.日産・ピノ 15.294台

21.三菱・i 13.537台
22.スズキ・Kei 12.913台
23.ダイハツ・アトレーワゴン 11.316台
24.スズキ・ジムニー 9.668台
25.スバル・R2/R1 6.202台↑
26.ダイハツ・ソニカ 6.157台↓
27.ダイハツ・テリオスキッド 5.441台
28.三菱・パジェロミニ 5.262台
29.マツダ・キャロル 4.870台
30.マツダ・スクラムワゴン 3.269台

31.ダイハツ・コペン 3.239台
32.スバル・プレオ 2.867台
33.スバル・サンバーディアスワゴン 2.606台
34.三菱・ミニカ 2.273台
35.三菱・タウンボックス 2.063台
36.マツダ・スピアーノ 1.643台
37.日産・クリッパーリオ 1.376台(6月登場)
38.マツダ・AZオフロード 351台

軽自動車(乗用車のみ)。供給車両も含む今年1~7月の総販売台数。
1.スズキ・ワゴンR/マツダ・AZワゴン 159.414台
2.ダイハツ・ムーヴ/ラテ 134.611台
3.スズキ・MRワゴン/日産・モコ 72.711台
4.ダイハツ・タント 63.805台
5.三菱・ekワゴン/日産・オッティ 63.280台
6.ダイハツ・ミラ/ジーノ 58.362台
7.ホンダ・ライフ 50.149台
8.スズキ・アルト/日産・ピノ/マツダ・キャロル 46.122台
9.スバル・ステラ 31.826台
10.ホンダ・ゼスト 28.668台
11.スズキ・エブリイワゴン/マツダ・スクラムワゴン 24.165台
12.ダイハツ・エッセ 24.606台
13.スズキ・ラパン/マツダ・スピアーノ 23.012台
14.スズキ・セルボ 22.879台
15.ホンダ・ザッツ 17.244台
16.ホンダ・バモス 17.136台
17.三菱・i 13.537台
18.スズキ・Kei 12.913台
19.ダイハツ・アトレーワゴン 11.316台
20.スズキ・ジムニー/マツダ・AZオフロード 10.019台
21.スバル・R2/R1 6.202台↑
22.ダイハツ・ソニカ 6.157台↓
23.ダイハツ・テリオスキッド 5.441台
24.三菱・パジェロミニ 5.262台
25.三菱・タウンボックス/日産・クリッパーリオ 3.439台↑
26.ダイハツ・コペン 3.239台↓
27.スバル・プレオ 2.867台↓
28.スバル・サンバーディアスワゴン 2.606台
29.三菱・ミニカ 2.273台

軽自動車(乗用車のみ)。メーカー別今年1~7月総販売台数。
1.ダイハツ 307.537台(33.30%)↓-0.03%(1~6月に対し。)
2.スズキ 288.819台(31.28%)↑+0.13%
3.ホンダ 113.197台(12.26%)↓-0.21%
4.日産 81.934台(8.87%)- +-0.00%
5.三菱 59.689台(6.46%)↓-0.09%
6.スバル 43.501台(4.71%)↑+0.13%
7.マツダ 28.764台(3.12%)↓-0.04%

軽自動車(乗用車のみ)。生産別今年1~7月総販売台数。
1.スズキ 371.415台(40.22%)↑+0.15%(1~6月に対し。)
2.ダイハツ 307.537台(33.30%)↓-0.03%
3.ホンダ 113.197台(12.26%)↓-0.21%
4.三菱 87.791台(9.51%)↓-0.04%
5.スバル 43.501台(4.71%)↑+0.13%

乗用車(軽自動車を除く)。メーカー別今年1~7月総販売台数。
1.トヨタ 890.558台(52.20%)↑+2.17%(1~6月に対し。)
2.日産 298.713台(17.50%)↓-0.92%
3.ホンダ 230.619台(13.52%)↓-0.66%
4.マツダ 105.091台(6.16%)↓-0.24%
5.スバル↑ 53.806台(3.15%)↑+0.06%
6.スズキ↓ 51.944台(3.04%)↓-0.15%
7.三菱 46.100台(2.70%)↓-0.16%
8.レクサス 21.702台(1.27%)↓-0.08%
9.ダイハツ 7.866台(0.46%)↓-0.03%

乗用車(軽自動車も含む)。メーカー別今年1~7月総販売台数。
1.トヨタ 890.558台(33.86%)↑+2.10%(1~6月に対し。)
2.日産 380.647台(14.47%)↓-0.46%
3.ホンダ 343.816台(13.07%)↓-0.48%
4.スズキ 340.763台(12.96%)↓-0.40%
5.ダイハツ 315.403台(11.99%)↓-0.50%
6.マツダ 133.855台(5.01%)↓-0.20%
7.三菱 105.789台(4.02%)↓-0.19%
8.スバル 97.307台(3.70%)↑+0.07%
9.レクサス 21.702台(0.83%)↓-0.03%

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

ぴっかり王子 [★ただのコメント]

 なんだろう?。と思いました。が即発見。

ソネットのトップページ、上からクリックしてそんなキャラかよ。確かに、、、ステッキー持ってますね。

即、マークをゲットし消したので、、何なのか?分かりませんでしたけど。

逃げても逃げても捕まってしまうのは、なに県、、、で当たればピッタシ、キッカリって事かな?。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(11) 
共通テーマ:日記・雑感

国内自動車販売1~6月の結果。 [★クルマ(全般)]

あっという間に、、2007年6月も終わり、前半戦終了。
僅かに順位が変動するが、時間が経過しており、大きく変化は無い。
新型トヨタ・プレミオ、アリオンの登場、受注の2.5倍のスタートで順位が大きく
躍進した。上位では、ホンダストリームが遂にトヨタ・ウィッシュに逆転した。
新型モデルと末期モデルの立場であり、正常に成ったと言える。
新規で導入した日産・デュアリスも上々の滑り出しと言える。
5HBになり、不安と期待のスバル・インプレッサも上々の滑り出し。
(実際に実車を拝見したが、悪くないと思う。雑誌で見るよりも。)
6月27日はトヨタ・ノア、ヴォクシーが新型に、7月5日にマツダデミオ
同じく新型に生まれ変わる。
7月24日から、スズキ・SX4セダン。

日産デュアリスのすべて

日産デュアリスのすべて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本

新型インプレッサのすべて

新型インプレッサのすべて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本
新型デミオのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新型デミオのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 大型本
新型ヴォクシー/ノアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

新型ヴォクシー/ノアのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 大型本

今年、1~6月の合計販売台数。
1.トヨタ・カローラ 77.326台
2.トヨタ・ヴィッツ 62.565台
3.ホンダ・フィット 46.955台↑
4.トヨタ・パッソ 45.647台↓
5.日産・セレナ 41.835台
6.トヨタ・エスティマ 40.218台
7.日産・ティーダ 34.219台
8.ホンダ・ストリーム 32.592台↑
9.トヨタ・ウィッシュ 32.185台↓
10.日産・ノート 31.814台

11.トヨタ・クラウン 31.722台
12.マツダ・デミオ 31.217台↑
13.トヨタ・ヴォクシー 30.474台↓
14.日産・キューブ 30.015台
15.トヨタ・ラクティス 29.430台
16.トヨタ・プリウス 28.796台
17.ホンダ・ステップワゴン 28.402台
18.トヨタ・アルファード 28.306台↓
19.スズキ・スイフト 27.219台
20.日産・マーチ 24.123台↑

21.トヨタ・ノア 23.158台↓
22.トヨタ・bB 22.379台↓
23.トヨタ・ブレイド 21.222台↓
24.トヨタ・マークX 20.952台
25.トヨタ・アイシス 20.581台↑
26.スバル・レガシー 20.318台
27.トヨタ・オーリス 19.222台↓
28.トヨタ・シエンタ 18.539台
29.トヨタ・ポルテ 17.827台
30.トヨタ・ハリアー 17.641台

31.ホンダ・オデッセイ 16.989台
32.トヨタ・プレミオ 16.285台↑
33.スバル・インプレッサ 16.253台
34.日産・ウィングロード 15.203台↓
35.三菱・デリカD5 14.953台(1月登場)
36.ホンダ・モビリオ 14.785台
37.トヨタ・アリオン 14.679台↑
38.日産・スカイライン 14.184台↓
39.マツダ・プレマシー 13.689台↓
40.マツダ・アクセラ 12.935台↓

41.トヨタ・ベルタ 12.511台↓
42.ホンダ・エアウェイブ 12.121台↓
43.マツダ・MPV 12.050台↓
44.日産・ブルーバードシルフィ 11.808台↓
45.レクサス・LS 11.101台
46.日産・エルグラド 10.398台
47.ホンダ・エリシオン 10.137台
48.ホンダ・クロスロード 10.126台(2月登場)↑
49.ホンダ・CR-V 9.684台↓
50.トヨタ・ラウム 9.599台↓

51.日産・Xトレイル 8.919台
52.三菱・コルト 8.843台
53.トヨタ・ラッシュ 8.647台
54.トヨタ・RAV4 7.926台
55.日産・ラフェスタ 7.679台↑
56.トヨタ・ランドクルーザー 7.620台
57.三菱・アウトランダー 7.469台
58.マツダ・ベリーサ 7.447台↓
59.ホンダ・シビック 7.221台↑
60.スバル・フォレスター 6.957台↓

61.トヨタ・イスト 6.014台
62.日産・ティアナ 5.496台↑
63.日産・フーガ 5.477台↓
64.日産・プレサージュ 5.043台
65.スズキ・SX4 4.564台↑
66.レクサス・IS 4.558台↑
67.マツダ・アテンザ 4.501台↓
68.トヨタ・アベンシス 4.266台
69.日産・ムラーノ 4.193台
70.トヨタ・カルディナ 4.112台(6月生産終了)

71.トヨタ・カムリ 3.907台
72.ホンダ・アコード 3.843台↑
73.トヨタ・ハイエースワゴン 3.833台↓
74.三菱・ランサー 3.792台↓
75.日産・デュアリス 3.662台↑(6月登場)
76.スズキ・エスクード 3.621台
77.トヨタ・ハイラックスサーフ 3.529台
78.マツダ・CX-7 3.425台↓
79.三菱・パジェロ 3.131台↓
80.ダイハツ・ブーン 3.062台↓

81.トヨタ・ザクシードワゴン 2.908台↑
82.スズキ・ランディ 2.889台↓(1月登場)
83.レクサス・GS 2.881台↓
84.スズキ・ソリオ 2.875台↓
85.トヨタ・イプサム 2.667台↓
86.マツダ・RX-8 2.441台↓
87.マツダ・ロードスター 2.367台
88.ダイハツ・クー 2.305台↓
89.ホンダ・フィットアリア 2.266台↓
90.ホンダ・エディックス 2.258台

91.トヨタ・プロボックスワゴン 2.134台↑
92.日産・フェアレディZ 2.044台↓
93.スズキ・シボレーMW 1.981台
94.トヨタ・クルーガー 1.843台↓
95.ダイハツ・ビーゴ 1.488台
96.三菱・パジェロイオ 1.467台↓(6月生産終了)
97.日産・ステージア 1.402台↓(6月生産終了)
98.トヨタ・MR-S 1.073台↑
99.トヨタ・マークⅡブリット 1.070台↓(6月生産終了)
100.スズキ・シボレークルーズ 1.030台↓

101.日産・キャラバンシルクロード 982台↓
102.ホンダ・インスパイア 955台↓
103.トヨタ・プログレ 841台↓(6月生産終了)
104.ホンダ・レジェンド 737台↓
105.日産・シーマ 641台↓
106.三菱・グランディス 561台↓
107.スズキ・ジムニーシエラ 543台↓
108.ホンダ・S2000 531台↓
109.トヨタ・ブレビス 518台↓(6月生産終了)
110.レクサス・SC 431台↓

111.トヨタ・センチュリー 211台↓
112.スズキ・エリオ 125台↓(4月生産終了)
113.日産・プレジデント 102台↓
114.日産・サファリ 76台(6月オーダー終了)
115.ダイハツ・アルティス 69台↓

軽自動車(乗用車のみ)の今年1~6月の合計販売台数です。
日産・クリッパーリオ(三菱・タウンボックス)が6月から投入されました。

1.スズキ・ワゴンR 121.905台
2.ダイハツ・ムーヴ/ラテ 117.822台
3.ダイハツ・タント 55.461台
4.ダイハツ・ミラ/ジーノ 51.697台
5.ホンダ・ライフ 44.789台
6.日産・モコ 33.955台
7.三菱・ekワゴン 32.280台
8.スズキ・MRワゴン 29.929台
9.スバル・ステラ 26.997台
10.ホンダ・ゼスト 25.516台

11.日産・オッティ 23.672台
12.スズキ・アルト 22.728台
13.ダイハツ・エッセ 21.715台
14.スズキ・セルボ 20.259台
15.スズキ・ラパン 18.670台
16.スズキ・エブリイワゴン 18.427台
17.マツダ・AZワゴン 16.493台
18.ホンダ・ザッツ 15.853台
19.ホンダ・バモス 14.853台
20.日産・ピノ 13.599台

21.三菱・i 12.309台
22.スズキ・Kei 11.342台
23.ダイハツ・アトレーワゴン 9.995台
24.スズキ・ジムニー 8.299台
25.ダイハツ・ソニカ 5.724台
26.スバル・R2/R1 5.213台
27.ダイハツ・テリオスキッド 4.845台
28.三菱・パジェロミニ 4.637台
29.マツダ・キャロル 4.274台
30.マツダ・スクラムワゴン 3.058台

31.ダイハツ・コペン 2.802台
32.スバル・プレオ 2.599台
33.スバル・サンバーディアスワゴン 2.283台
34.三菱・ミニカ 2.166台
35.三菱・タウンボックス 1.702台
36.マツダ・スピアーノ 1.461台
37.日産・クリッパーリオ 630台
38.マツダ・AZオフロード 309台

軽自動車(乗用車のみ)。供給車両も含む今年1~6月の総販売台数。
1.スズキ・ワゴンR/マツダ・AZワゴン 138.398台
2.ダイハツ・ムーヴ/ラテ 117.822台
3.スズキ・MRワゴン/日産・モコ 63.884台
4.三菱・ekワゴン/日産・オッティ 55.952台
5.ダイハツ・タント 55.461台
6.ダイハツ・ミラ/ジーノ 51.697台
7.ホンダ・ライフ 44.789台
8.スズキ・アルト/日産・ピノ/マツダ・キャロル 40.601台
9.スバル・ステラ 26.997台
10.ホンダ・ゼスト 25.516台
11.ダイハツ・エッセ 21.715台
12.スズキ・エブリイワゴン/マツダ・スクラムワゴン 21.485台
13.スズキ・セルボ 20.259台
14.スズキ・ラパン/マツダ・スピアーノ 20.131台
15.ホンダ・ザッツ 15.853台
16.ホンダ・バモス 14.853台
17.三菱・i 12.309台
18.スズキ・Kei 11.342台
19.ダイハツ・アトレーワゴン 9.995台
20.スズキ・ジムニー/マツダ・AZオフロード 8.608台
21.ダイハツ・ソニカ 5.724台
22.スバル・R2/R1 5.213台
23.ダイハツ・テリオスキッド 4.845台
24.三菱・パジェロミニ 4.637台
25.ダイハツ・コペン 2.802台
26.スバル・プレオ 2.599台
27.三菱・タウンボックス/日産・クリッパーリオ 2.332台
28.スバル・サンバーディアスワゴン 2.283台
29.三菱・ミニカ 2.166台

軽自動車(乗用車のみ)。メーカー別今年1~6月総販売台数。
1.ダイハツ 270.061台(33.33%)
2.スズキ 251.559台(31.05%)
3.ホンダ 101.011台(12.47%)
4.日産 71.856台(8.87%)
5.三菱 53.094台(6.55%)
6.スバル 37.092台(4.58%)
7.マツダ 25.595台(3.16%)

軽自動車(乗用車のみ)。生産別今年1~6月総販売台数。
1.スズキ 324.708台(40.07%)
2.ダイハツ 270.061台(33.33%)
3.ホンダ 101.011台(12.47%)
5.三菱 77.396台(9.55%)
6.スバル 37.092台(4.58%)

乗用車(軽自動車を除く)。メーカー別今年1~6月総販売台数。
外国車は除いてます。トヨタの圧勝なのと、都内でトヨタが半数を
占める理由は理解できました。
1.トヨタ 704.383台(60.00%)
2.日産 259.315台(22.09%)
3.ホンダ 199.602台(17.00%)
4.マツダ 90.072台(7.67%)
5.スズキ 44.847台(3.82%)
6.スバル 43.528台(3.71%)
7.三菱 40.216台(3.43%)
8.レクサス 18.971台(1.62%)
9.ダイハツ 6.924台(0.59%)

乗用車(軽自動車も含む)。メーカー別今年1~6月総販売台数。
軽自動車の販売台数が、シェア確保で馬鹿に出来ない条件で
あるとは言えるのかもしれません。
1.トヨタ 704.383台(31.76%)
2.日産 331.171台(14.93%)
3.ホンダ 300.613台(13.55%)
4.スズキ 296.406台(13.36%)
5.ダイハツ 276.985台(12.49%)
6.マツダ 115.667台(5.21%)
7.三菱 93.310台(4.21%)
8.スバル 80.620台(3.63%)
9.レクサス 18.971台(0.86%)


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

ソニー反撃開始!?。 [★ゲーム(全般)]

PSP style 2 (2)

PSP style 2 (2)

 任天堂に、次世代ゲーム戦争において苦戦中だが、、、
世界戦略として、PS3の価格設定の見直しに次いで、
携帯ゲーム機、PSPの改良型を発表した。
 新型の特徴、薄型になり(約4/5)、軽量化(約2/3)
少々、大きく重かったがこれを解消し、
 ソフトの読み込み時間の短縮、テレビに外部接続、
USB端子でPCからの充電も可能とした。
 カラーは、黒、白、銀の3色。
価格はアメリカで本体、ゲームソフト、映像ソフト、
メモリースティックディオ(1GB)込みの仕様で、199,99ドル
で販売予定。(9月に導入予定。日、欧も導入予定だが、
価格、仕様は未定。)
 PSPは当初、任天堂DSより好スタートであった。
ユニークなソフトの話題性、コンパクトなDSライトの導入により、
現在では、世界累計2,500万台に留まり、任天堂DSは4,000万台
を突破している。任天堂DSライトは来季3月に世界累計6,600万台
達成に向けて現在も順当にセールスが推移しており、ソニーは
反撃をしたい所である。

PSP COMPLETE  (CD-ROM付)

PSP COMPLETE (CD-ROM付)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 辰巳出版
  • 発売日: 2007/07/04
  • メディア: ムック

PSPゲーム攻略・改造データBOOK―モンハンP2ほか解析&改造!

PSPゲーム攻略・改造データBOOK―モンハンP2ほか解析&改造!

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三才ブックス
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 単行本
セーブデータ&ウラワザ大全 2007―セーブデータPS2対応&ウラワザ大全PS、PS2、PSP、PS3対応2007 (2007)

セーブデータ&ウラワザ大全 2007―セーブデータPS2対応&ウラワザ大全PS、PS2、PSP、PS3対応2007 (2007)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 大型本
これは楽しい!DS&PSP活用術

これは楽しい!DS&PSP活用術

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 司書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

携帯電話/PHS。契約数(6月)及び累計。 [★携帯電話]

ケータイ白書2007

ケータイ白書2007

携帯電話/PHS契約数

合計1億307万7600件
対前月比0.5%増/対前年同月比5.6%増

携帯電話契約数9805万5800件
対前月比0.5%増/対前年同月比5.6%増

携帯IP接続サービス契約数8564万8200件 
対前月比0.5%増/対前年同月比6.1%増

アプリ ゲット 2007年 06月号 [雑誌]

アプリ ゲット 2007年 06月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スパイシーソフト
  • 発売日: 2007/04/27
  • メディア: 雑誌

NTTドコモグループ
純増数8万8800件 累計5284万5700件 

ドコモとau

ドコモとau

  • 作者: 塚本 潔
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/11/13
  • メディア: 新書

KDDIグループ
純増数13万3200件 累計2870万9400件
au
純増数20万7700件 累計2810万9700件 
ツーカー
純減数7万4500件 累計59万9700件 

ソフトバンクの参戦で変わるケータイ業界勢力図―ケータイ3社の戦略と孫正義の描く革命シナリオ

ソフトバンクの参戦で変わるケータイ業界勢力図―ケータイ3社の戦略と孫正義の描く革命シナリオ

  • 作者: 溝上 幸伸
  • 出版社/メーカー: ぱる出版
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本

ソフトバンク

純増数20万4800件 累計1644万500件 

超簡単!!イー・モバイルEM・ONEがわかる本―高速通信で低価格な完全定額

超簡単!!イー・モバイルEM・ONEがわかる本―高速通信で低価格な完全定額

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 笠倉出版社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 大型本

イー・モバイル

純増数公表形式異なる為? 累計6万200件

PHS契約数502万1800件
対前月比0.1%減/対前年同月比5.3%増

W‐ZERO3の本―WILLCOMスマートフォンシャープWS003SH徹底活用術

W‐ZERO3の本―WILLCOMスマートフォンシャープWS003SH徹底活用術

  • 作者: 伊藤 浩一, 重森 大, 霧島 煌一, ぬりかべ魔人, ジョルス
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 新書

WILLCOMグループ
純増数2万2000件 累計464万7800件 
NTTドコモグループ
純減数2万8400件 累計37万4000件 

今年6月の携帯、PHSの契約数と累計です。
携帯電話のau、ソフトバンクが勢力を拡大してます。
NTTは何時まで殿様商売で挑むのか?。
6月末時点で、51.6%のシェアをこの業界で占めてますが、
1.7%更に減少した場合、他社に半分以上の市場を奪われる事になるが、
単純だが、他社が総合でNTTより200万件多く契約数を伸ばすと、、
その事態に陥る。およそ8ヶ月後にそのような事態になる計算である
のだが、auとNTTがこの状況が継続されたとしてもauがNTTに
並ぶには17年の月日が掛かる。
だが、、auとソフトバンクの累計がNTTに並ぶのは、2年2ヶ月後に
このまま行けばとなる。
ドコモ2.0をスタートさせたのは?その危機の表れなのかもしれない。
個人的には、アップルのアイフォン。これが日本では?どこと手を結び
どのような展開をするのか?そこが近い将来、この業界の運命を
変える出来事になる気がする。シャープのアクオス携帯のように、
結局、マルチになるのか?もしれないが。しかし、ソニーのウォークマン
携帯と実際には?変わらないとも思える。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:携帯コンテンツ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。