So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┣ マツダ(全般) ブログトップ

小さくする理由は何だろう? [ ┣ マツダ(全般)]

 6月ごろの、ジュネーブショーで、発表されると予想されている

・・・・・・・・・・・・・次期マツダコンパクトカー・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 日本では、知名度も低い「デミオ」であるが、ダウンサイズ化されるようだ。
1,3~1,5Ⅼエンジンのこの手のコンパクトカーの中では、真面目そうなルックスが
特徴と言えば、特徴であり、アメリカビック3のフォードグループに収まるマツダは、
フォード・フィエスタをベースに、この「デミオ」を展開していた。

 実際のところ、ダウンサイズ化して成功した例は・・・極めて少ない。
近年では、トヨタの「db」が当てはまるが、オーディオシステムとネオン管に見える
室内照明のシステムを装備して、価格を初代モデルと同じにしたかったからだろう。
北米では、「db」でも公表だったが、サイズアップのリクエストが多く、実際の真の
次期「db」は、一回り大きくなる。国内での販売は無いだろう。かなりデカイ。

・・・・・・・・マツダは、「デミオ」を何故小さくするのだろうか?。・・・・・・・・・・
             ・・・理由は2つしかない。・・・
・・・・・・・ベースとなる次期フォード・フィエスタが小さくなるから?・・・・・・・
                ・・・それとも・・・
・・・・・・・誰も知らない姉妹車の「ベリーサ」との差別化しかない。・・・・・・・・

 どのような理由なのか?。実際にはマツダ以外誰も理解できないが、
エンジンは1~1,3Ⅼとこちらもコンパクトになる。そしてミッションはCVT化される。
近年、CVT化が進んだり、ATに戻したりと各メーカー苦労している。
 コストはCVTは安い。しかし、CVTは、乗り続けると金属ベルトを交換する羽目になる。
・・・・・・・・この費用は、所有者には・・・馬鹿にならない程高い。・・・・・・・・・・
 勿論、車体、エンジンのダウンサイズ化でお値段は安くなる。
95~150万円で収まるだろう。敵はトヨタの(プチトヨタ)の「パッソ」となる。

マツダはなぜ、よみがえったのか?

マツダはなぜ、よみがえったのか?

  • 作者: 宮本 喜一
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2004/11/18
  • メディア: 単行本

・・・怖いのは・・・・「パッソ」の方が、よく考えると「デミオ」の良いとこ取りである点。・・・

 個人的には・・・・かなりヤバイ、、、駆け引きだと思う。EUでは、売れるだろうけど。
益々・・・・・・・・・・・・国内では・・・・・・・・・誰も知らない事になりかねない。。。。。。。

  ロータリーエンジンだって、継続は困難だし、、、手を組むべきメーカーが近い将来、、、
変わる、変わらざるえないタイミングが来るかもしれない。
 

マツダRX-8―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vol.110 (No.2)

マツダRX-8―車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ Vol.110 (No.2)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車
 ┣ マツダ(全般) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。