So-net無料ブログ作成
 ┣ ホンダ(全般) ブログトップ

結局どうなる?ホンダ次期NS-X。 [ ┣ ホンダ(全般)]

 HSCを始め、色々とコンセプトモデルを展開はしている・・・
・・・・・・・・・・・・・・ホンダ次期NS-X。・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホンダ・NSX―ニューズムック (No.2)

ホンダ・NSX―ニューズムック (No.2)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 大型本


 今回も、デトロイドモーターショーで、コンセプトを提案した。
どうやら、エンジンはV10をフロントに収め、SH-AWD(レジェンドで採用)
した駆動システムになるようだ。スペックは?・・・な、なんと・・・・

 500ps以上、車体重量も1400kg台に収まるようだ。
しかも値段は、1000~1200万円。性能を考慮すれば、外車なら2000万円以上
のパフォーマンスが半値で買える計算である。

 北米ではアキュラブランドで展開するだろうが、、、個人的には、ホンダブランドで
展開して欲しいと思う。そして、もっと価値を与えても良いのでは?・・・・

・・・・・・・・・それぐらい、ホンダブランドには本来価値があると思っている。・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・ブランドの安売りは、そろそろ止めた方が良い。・・・・・・・・・・・・・

 しかし、スタイルは少し安っぽい気もする。プライスはその点を配慮しているのか?。
    ピニンファリーナに依頼してでも、相応しいスタイルになるべきと思う。

ホンダ・NSX

ホンダ・NSX

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 1998/12
  • メディア: 大型本


 ミッドシップを辞めたのは、ある程度理解できる。何故かって?・・・・・
そもそも、初代NS-Xがリトラのヘットライトを固定式に変更したのは?
北米での保険の問題が関与している。今回、次期コンセプトNS-Xは?、

 2+2シーターで、フロントエンジンだが、これも北米の保険を考慮していると言える。
この条件を備えるだけで、保険料は大幅に安くなるのである。
 まぁ、これが、最終スタディーではないので、まだ変更されていくだろう。

 ただし、、やはり全ての点で中途半端なスポーツカーであり、この点は現段階では
気になる。

 トヨタは、2種類の次世代スポーツカーをコンセプト展開し、販売予定だが、
レクサス「LA-F」はミッドシップで、現段階では550psまで引き上げている噂もあり、
国産車最強をテーマに飛躍し続けている。2000GT以来の本気モードだろう。
次期「スープラ」コンセプトは、フェラーリ、ポルシェもマネできないハイブリットスポーツ。

HONDA NSXタイプRのすべて

HONDA NSXタイプRのすべて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2002/05
  • メディア: 大型本

 やはり・・・これこそNS-Xだと言えるように、正式リリースまで頑張って欲しいかな?。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:自動車

2月22日!。ホンダが凄い?新商品を展開!?。 [ ┣ ホンダ(全般)]

 ホンダ(4輪部門)は、2月22日に新車種、「クロスロード」と発表するらしい。
ルックスはSUV。室内はミニバン。つまり7シーターのコンパクトSUVとの事。

 価格が200~260万円なので、「フィット(エアウェーブ)」のプラットフォームだろう。
7シーターだが、ハッキリ言えば使えない。後席の2シーターは、緊急用だと断言出来るほど
狭いです。(「ストリーム」より、全長が280mm短く、SUVのデカイタイヤ。理由はある。)

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・では?特徴は?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ハッキリ言えば、、、、デザインでしょうか?。スクエアーなボックスタイプで、、、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・すぐに、、、中国でコピーされそう。・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

本田宗一郎生誕100周年記念出版 本田宗一郎本伝 飛行機よりも速いクルマを作りたかった男

本田宗一郎生誕100周年記念出版 本田宗一郎本伝 飛行機よりも速いクルマを作りたかった男

  • 作者: 毛利 甚八
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/11/11
  • メディア: 単行本


 ホンダは、コピーされやすい会社ですけど、、、デザインだけで飯が食えるほど、
この世界は、、甘くないと思われます。1年後には、この車、、忘れてると思う。

 位置づけとしては?。・・・・「CR-V」が大型化したので、その底辺の穴埋めでしょう。
EUでは、トヨタの「ラッシュ(ダイハツ・ビーゴー)」が好評であり、それを意識しているでしょう。
 しかし、「ラッシュ」がEUで好評なのは?ダイハツ製品ですから、凄いディーゼルエンジンが
搭載されているからです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車
 ┣ ホンダ(全般) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。