So-net無料ブログ作成
 ┣ F1などレース全般 ブログトップ

低迷するホンダレーシングスピリッツ。 [ ┣ F1などレース全般]

低迷するホンダレーシングスピリッツ。

 2輪、4輪の最高峰のロードレースであるMOTOGP、F1.
ホンダも当然ながら、今期もフル参戦しているのだが、、、、、

Moto GPレーサーズアーカイヴ〈2004〉

Moto GPレーサーズアーカイヴ〈2004〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 大型本

 MOTOGPは、第8戦終了し未勝利。ペドロサが個人タイトルで
ランキング3位。メーカタイトルは3位。チームタイトルは4位と、
圧倒的な2輪部門で巨大なシェアを誇るホンダの結果としては、、
不甲斐ないとしか言えない。

F1 RACING 2007 7月情報号 (2007)

F1 RACING 2007 7月情報号 (2007)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 大型本

 F1は、更に厳しく第7戦終了し、ノーポイントである。
エンジンを供給しているスーパーアグリが逆に4ポイント獲得し
純粋なホンダF1を上回る結果を残している。
こちらは、辛うじて周回遅れから、脱却しつつあるがマシンの
戦闘力は極めて乏しい。
 このような事態が何故起きたのだろう?。

 走る実験室とも歌われる、ホンダのレース活動だが、今期の
MOTOGP、F1のそれぞれのマシン。これは、見た目は特徴のある
モノになるのだが、ホンダのエンジニアも述べるように、特別な、革新的な
技術的な要素は盛り込まれていない。
 画面上では、理論的に勝てるマシンとして設計された筈だが、思惑どうり
に機能してないのと、周囲がそれ以上のアイデアを盛り込んできたと
言う事だろう。

俺の考え

俺の考え

  • 作者: 本田 宗一郎
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1996/04
  • メディア: 文庫


 
 個人的には、ホンダはレース活動を拡大しすぎて、技術者が拡散しすぎた
、、結果、、苦労しているのではなかろうか?。
今後も、レース活動は拡大路線であり、ラリー、DTMなども視野に入れている。
確かに、ホンダ=レース活動であるのだが、レース活動を何故始めたのだろう?。
宗一郎は、レースで勝てば自身の商品が売れる。これが答えだった。
レースをする事で、ホンダはブランドを構築しシェアを広げるとなるのだろう。
しかし、だからと言って、全てのレースに参加する必要性は?無いだろう。

 ホンダのブランドは既に、構築されていると言える。レースで勝ってもそれは、
当たり前の出来事だと認識している方は多いだろう?。

 技術者は、レースを趣味にしてしまっているのではなかろうか?。
実際、沢山のレースに参加しているホンダだが、意味が無い活動が大半である。
そこで活躍しても、何もメリットを見出せない方が多い。
 難しい事に、チャレンジする。それは意味があるのだが、そうではない活動が
多いと思われる。ディーゼルでルマン、パリダカならそれはチャレンジする
べきであろう?。

 4輪のスーパーGTのNSX、これはまず意味が無い。1990年当初の車両で、
参戦する意味が無いのである。今の安全基準ではあの低いフードと細いピラーの
キャビンは作れない。

 2輪もWGPの250,125クラスはもはやアプリリアに任せるべきだろう。
ライダーを確保するのが目的になり、参加する意味は無い。
 4輪のFニッポン、インディ、ルマンシリーズも極めて意味の無い
レースだが、、Fニッポン、インディは責任とも言える。ルマンシリーズは、
本来、インディを辞めて参加したかったのだろうが、、Cカーでポルシェ911を
相手に苦戦では、、というより、911相手にプロトマシンで挑むのがナンセンスで
ある。

 2輪でMOTOGPも、ヤマハ、カワサキはインライン4で挑んでいる。
それは、現在、今後も市販のフラッグシップスポーツはそのレイアウトだからだ。
ホンダもCB系がフラッグシップスポーツである。ホンダはRCシリーズを導入の際
勝つ為にV型エンジンを選択したとコメントしている。つまり、ホンダは?
妥協の産物を消費者には提供しているとコメントしたとも解釈できる。
 SBKで結果を残しているのが理由を覆す要素になるのだろうか?。
基本的に、SBKはライダーの走りこみで勝敗が決まる。圧倒的な規模を誇る
ホンダが勝つのは特別ではない。

 4輪のF1、、、これは、新たな試みの苦しみだからか?。莫大な投資をして
チームは態々、BARを買収しホンダF1となった。そう、そもそも、ホンダはF1に
復帰する必要性が無かった。エンジンは既に評価されていたのである。
 復帰するのであれば?。シャーシも独自に設計製造するしか意味が無かった筈。
今まで、意味の無い活動をしてきて、、結果、今頃苦労しているだけである。
 V10エンジンは次期NSX(仮名)で市販にする予定のようだが、、これは、
当時のF1の規定で生まれた産物である。V12~V8の選択が可能であり、
V8は非力すぎる、V12は大きすぎて燃費が悪い。結果、V10がバランスが良い
と判断した。しかし、市販車では、排気量に制限は無い。素直にV12でも良いし、
V8に過給器付きでも良いのである。
 技術は素晴らしい。しかし、ホンダは、相変わらず無駄な拘りが付きまとう。
ミニバンをCMで床が低くして全体的に低重心になり、走りが良くなるとした。
今はそれを反省し、床が低くしたから乗り降りしやすいとCMしている。
最初から、そうCMしていればもう少し売れたかもしれない。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

2007年パリダカ。パジェロ・エボリューション強し7連覇達成!。 [ ┣ F1などレース全般]

 今年、スタート当初、VWトゥアレグ2が圧倒的な速さを披露したが・・・・
やはり、信頼性に勝る三菱勢が、勝利をものにした。

新型パジェロのすべて

新型パジェロのすべて

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 大型本


三菱パジェロは、エボリューション仕様でなくとも、19位で完走しており、
高いパフォーマンスを示したと言える。

完全にノーマルのトヨタ・ランドクルーザーで挑んだ日本人3名も、
三橋選手を始め高いパフォーマンスを示したと言える。

俺たちのパリダカ!―プライベートチームのおもしろ冒険記

俺たちのパリダカ!―プライベートチームのおもしろ冒険記

  • 作者: 尾上 茂
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2004/12
  • メディア: 単行本


総合結果(暫定)
1  S・ペテランセル  三菱パジェロ・エボリューション > 45時間53分37秒
2  L・アルファン  三菱パジェロ・エボリューション   >+ 7分26秒
3  J・L・シュレッサー  シュレッサー・フォード      >+ 1時間33分57秒
4  M・ミラー  VW・トゥアレグ2                >+ 2時間10分16秒
5  増岡浩  三菱パジェロエボリューション        >+ 2時間44分31秒
6  N・S・アルアティヤ  BMW X3               >+ 3時間31分59秒
8  R・ゴードン  ハマー                    >+ 7時間04分07秒
19  D・ウズィオ  三菱パジェロ               >+12時間06分10秒
25  三橋淳  トヨタ・ランドクルーザー           >+14時間30分49秒
40  山田周生  トヨタ・ランドクルーザー          >+18時間52分28秒
59  篠塚建次郎  日産パスファインダー          >+28時間37分59秒
68  片山右京  トヨタ・ランドクルーザー          >+33時間00分33秒

ダカールラリー通算12勝を達成した三菱パジェロの歴史。

1985年 優勝>パトリック・ザニロリ(パジェロ)

1992年 優勝>ユベール・オリオール(パジェロ)
1993年 連覇>ブルーノ・サビー(パジェロ)

1997年 優勝>篠塚建次郎(パジェロ)
1998年 連覇>ジャン・ピエール・フォントネ(パジェロ)

2001年 優勝>ユタ・クラインシュミット(パジェロ)
2002年 連覇>増岡浩(パジェロ)
2003年 3連覇>増岡浩(パジェロ・エボリューション)
2004年 4連覇>S・ペテランセル(パジェロ・ボリューション)
2005年 5連覇>S・ペテランセル(パジェロ・ボリューション)
2006年 6連覇>L・アルファン(パジェロ・ボリューション)
2007年 7連覇>S・ペテランセル(パジェロ・ボリューション)

 三菱は、現行パジェロをベースに、エボリューション仕様を
発売される可能性があるようだ。(以前にも存在したのでエボリューションⅡかぁ?)

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2007年 01月号 [雑誌]

LANDCRUISER MAGAZINE (ランドクルーザー マガジン) 2007年 01月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ディー・アンド・エー
  • 発売日: 2006/11/25
  • メディア: 雑誌


 トヨタも、ランドクルーザーがフルモデルチェンジ予定。
(4,6L、ガソリンV8エンジンで385PS?かぁ。)

トヨタ・ランドクルーザー (No.2)

トヨタ・ランドクルーザー (No.2)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2002/12
  • メディア: 大型本




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:自動車

トヨタTF107発表!。 [ ┣ F1などレース全般]

 恒例ですけど、一番早く発表ですね。
フロントサスアーム類が、トップチーム同様に平べったくなりましたね。
空力面は、ボディーはアップデート仕様ですかね。安全パイですな。

 奇数年は、トヨタは成績が上昇する傾向ですから期待していいのかな?。
ウィリアムズにも、エンジン供給となり、富士で日本GPと気合いは十分でしょうかね。

 レスサスブランドでは、Fシリーズとホットバージョンを展開していくようですし、
ハイブリットで、スープラの事実上後釜が出るようですし、初優勝はしたいでしょうね。

 トヨタにとって課題があるとすれば、人事面の不祥事。北米での生産ラインの駒不足。
大量リコール問題。
 更なる足固め成功としては、いすゞとの提携は計り知れないでしょう。
ディーゼルエンジンはこれで世界トップ水準です。
 そういえば、提携関係のヤマハも、スバルも、いすゞもF1エンジン作った事あるんですよね。

トヨタの口ぐせ

トヨタの口ぐせ

  • 作者: OJTソリューションズ
  • 出版社/メーカー: 中経出版
  • 発売日: 2006/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


職場の「かんばん方式」トヨタ流改善術ストア管理

職場の「かんばん方式」トヨタ流改善術ストア管理

  • 作者: 松井 順一
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2006/11/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


いすゞの製造現場から生まれた完璧品質をつくり続ける生産方式

いすゞの製造現場から生まれた完璧品質をつくり続ける生産方式

  • 作者: 佐々木 久臣
  • 出版社/メーカー: 日刊工業新聞社
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本


SUBARU LEGACY―全世代レガシィ・定番メンテナンス&カスタマイズ

SUBARU LEGACY―全世代レガシィ・定番メンテナンス&カスタマイズ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 三栄書房
  • 発売日: 2006/11
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
 ┣ F1などレース全般 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。