So-net無料ブログ作成
 ┣ バイク(スズキ) ブログトップ

遂に、スズキ!コンセプトモデルが市販化。 [ ┣ バイク(スズキ)]

 過去にも、モーターショーで、コンセプトモデルを過激に展開してきた
スズキだが、市販は中々されなかった・・・・・・・・・・・・・・・・。

 が、今回は違うようだ。
「B-KING」は遂に市販に向けて、再度、市販バージョンがモーターショー
で出展された。

Suzuki GSX1300R Hayabusa―バイク車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ

Suzuki GSX1300R Hayabusa―バイク車種別チューニング&ドレスアップ徹底ガイドシリーズ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: ムック


 「GSX-R隼」のエンジンをベースにした驚愕のパフォーマンスが、
期待できそうだ。センターアップ2本出しのマフラーと、極太扁平ラジアル
後輪タイヤが、、、凄いの一言である・・・
 てっきり、「GSR600/400」で終焉と思っていたので、少々驚いたです。

 (しかし、まだ明確なパフォーマンスは表示されてないが、どう考えても
カウルが欲しいと思うだろう。・・・・)

SUZUKI GSX-R1000―1100/750/600

SUZUKI GSX-R1000―1100/750/600

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ニューズ出版
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: 大型本


 「GSX-R1000」は、やはり、更に過激な進化?と思いきや・・・・・・・
2本出しマフラー、セレクティブECMで3モードのマッピングデータを再生など
排ガス規制などにも、配慮したモデルとなった。
(この点に関しては、個人的にはスズキはよく頑張ったと言いたい。)

 後は、「バンディット1250/650」、排ガス規制対策だが、新規で水冷化に
は驚いた。今後ネイキッドでスズキがどのような展開を、この新規エンジンで
展開するのか?、期待したい。
 「バーグマン200/125」もモデルチェンジ。このクラスでフルフェイスが、
2つも収まるメットインは重宝するだろう。
 日本国内では、衰退傾向のBIGスクーター市場だが、このサイズは
今なら、ジャストフィットする可能性はあるのかもしれない。
(ただし、スズキが、国内導入する可能性は無いだろう。)

 ・・・・・・・・・・・・・今後のスズキは?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 まぁ、現状、物事は大半は思惑どうりに展開しているのだろう。
MOTOGPでの「GSV-R」の成績、国内でのBIGスクーターの冷え込み
この2点に打開策は多少欲しいと思われるが。・・・・・・・・・・
 ヤマハもそうだが、スズキも、ある程度、国内BIGスクーター市場の
衰退は想定していたのだろう。「スカイウェーブ400/250」は、EU、北米
市場を重視し、400ベースにコンセプトを移行したのが、それを証明している。

SUZUKI SKYWAVE 250/400 PERFECT GUIDE

SUZUKI SKYWAVE 250/400 PERFECT GUIDE

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: モーターマガジン社
  • 発売日: 2006/09
  • メディア: 大型本


 「スカイウェーブ400/250」は、「SS」というグレードが存在するが、
このモデルは、旧型モデルを継承している。
 噂では、今年新型の「スカイウェーブ400SS/250SS」を導入する可能性
がある。MTモードも搭載されるだろう。

・・・・個人的には、水冷エンジンに相応しいスタイルで、「刀」を新展開して
欲しいかな?。「B-KING」のデザイン能力がある、今のスズキなら、
素晴らしい新提案が可能だと思われる。

スズキGSX‐Sカタナ マスターブック

スズキGSX‐Sカタナ マスターブック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: スタジオタッククリエイティブ
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 大型本


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:バイク
 ┣ バイク(スズキ) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。