So-net無料ブログ作成
 ┣ MOTOGPなどレース全般 ブログトップ
前の5件 | -

MOTOGP第8戦速報 [ ┣ MOTOGPなどレース全般]

 予選では、ヤマハワークスの2台、エドワーズ、ロッシが1,2で素晴らしい
パフォーマンスを披露した。

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

  • 作者: バレンティーノ ロッシ
  • 出版社/メーカー: ウィック・ビジュアル・ビューロウ
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: 単行本

 決勝では、ドライからレインでの勝負となる。
ポールポジションのヤマハのエドワーズが軸にレースは展開される。
がドゥカティのストーナーがトップにたちそのまま差を広げて勝利。
ロッシは、序盤順位を大きく後退するが、挽回し4位でゴール。

 今回のレース、天気が明暗を分けたと言えるだろう。
今期、BSのレインタイヤは明確にMIのレインタイヤより優れている。
今回も結果、3位にスズキのバーミュレーンが入り、チームメイトの
ポプキンスも5位とヤマハの2台以外はBSタイヤが上位7台中5台を占めた。

 カワサキは、度重なる怪我により、ジャックが実戦から退きテストライダーの
位置に戻る事になった。代わりに、SBKでヤマハから緊急参戦でSS600クラス
3位、優勝、優勝と大活躍のオージーライダーのウエストがシートを仕留めた。
ウエストは、GP2クラスのトッププライベーターだったが、モリワキでMOTOGP
マシンを走らせた実績はある。ウォーミングアップでは、雨の中、見事トップタイム
決勝でも、5位を走行、転倒により順位を後退させたが、11位でフィニッシュ。

 今期は、ドゥカティのストーナー、スズキのバーミューレンとオージーライダーが
活躍しているのだが、新たにカワサキのウエストが加わった。

 ストーナーは、KTMワークスで開花し、GP2クラスではペドロサとタイトル争いを
してシリーズ2位、共にMOTOGPにステップアップを果たすが、ヤマハのオファー
は実現せず、ペドロサはホンダワークス入り、ストーナーはサテライトのホンダで
エントリーとなる。中盤まで周囲を驚かす活躍をみせ、オフにヤマハ、ドゥカティの
ワークスからオファーがあった。彼は、ドゥカティを選び今期大活躍している。
5勝して、現在シリーズトップに居るのだから、文句の付けようが無い。
 バーミューレンは、ホンダでペドロサ同様にホープだった。彼はSBKでSS600から
ステップしていくのだが、ホンダはペドロサをワークスに入れ、彼はステップの道を
絶たれた。結果、スズキワークスと契約し、2シーズン目の今期、初優勝し現在シリーズ
4位の位置にいる。
 ウエストは、モリワキの秘密兵器で話題になったが、オージーではマッコイ、ストーナー
と同じ、GP125からのスタートとなる。しかし、GP2では、アプリリアのワークスには
加入できなかった。結果KTMワークスと契約するが、未完成のマシンに苦労する。
チームもコロコロ変わる状況下であったが、SBKのSS600クラスのヤマハは、2人の
ライダーが怪我をして、ウエストは勝てる条件を手に入れる。見事にチャンスをモノにして、
今回、カワサキワークス入りとなった。
 鈴鹿8耐では、恐らく、新たな注目のオージーが、ヤマハでノリックとジョイントして走る
可能性があるようだ。彼は母国では今期も圧倒的な快進撃を続けている。

バリバリ伝説 WGP第1戦スペイン編

バリバリ伝説 WGP第1戦スペイン編

  • 作者: しげの 秀一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/01
  • メディア: コミック


 
 後は、日本勢、中野、玉田は、良い所なく、、14,15位でフィニッシュ。。
ホンダ勢は、これで、8戦連続未勝利となる。ペドロサが意地で8位が限界だった。
残り10戦あるのだが、未勝利でシーズンが終わると1981年以来となる。

Moto GPレーサーズアーカイヴ〈2004〉

Moto GPレーサーズアーカイヴ〈2004〉

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 大型本

 来季の話はまだ早いのだが、既にシートを確保しているロッシ(ヤマハ)、ストーナー
(ドゥカティ)、ペドロサ&ヘイデン(ホンダ)は安泰として、、((ヘイデンが少し?だが))
相当、チームやライダーが入れ替わる可能性があるのではないだろうか?。
チームロバーツは存続できるのか?。中野、玉田はシート確保できるのか?。
ホンダサテライトチームは、今期のホンダのマシンとアップデートの遅さに痺れを
切らしているだろうし、ダンロップの進化はしているのだが、ヤマハの唯一のサテライト
の地位は確保したテック3だが、このままではスポンサー探しでまた困難になるだろう。
本来は、MOTOGPは13チーム26台がフル参戦するのが好ましいのだが、今期は?。
19台+1~2台である。SBK、GP2,3の複数のチーム、ライダーが残りの7枠を確保
したいとアプローチを始めている。スズキ、カワサキはサテライトがある方が好ましいと
思われるし、ヤマハもワークスと同じ銘柄のタイヤを装備したサテライトがあるべきだろう。

Moto GP & GP500レーサーズ

Moto GP & GP500レーサーズ

  • 作者: 吉村 誠也
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2003/07
  • メディア: 大型本

Moto GP レーサーズ アーカイヴ2003

Moto GP レーサーズ アーカイヴ2003

  • 作者: 吉村 誠也
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2004/04/13
  • メディア: 大型本

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MOTOGP第6戦。ロッシ巻き返しか? [ ┣ MOTOGPなどレース全般]

 MOTOGPは、BSタイヤ、最高速を叩き出すドゥカティ、
そして、昨年からデビューして今期、この組み合わせに
抜群に相性が良いストーナーが、第6戦終了で3勝しラインキングトップ。

DUCATI Magazine (ドゥカティ マガジン) 2007年 07月号 [雑誌]

DUCATI Magazine (ドゥカティ マガジン) 2007年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2007/05/24
  • メディア: 雑誌

 

 

昨年はMIタイヤとの相性に苦しみ厳しいスタートだった、5連覇の
 ロッシは、第6戦、母国GPで2勝目、9ポイント差でシリーズ2位と昨年より
は、実は好スタートとも言える。
最高のハンドリング性能ではあるが、ヤマハのマシンは最高速が明らかに
遅い。勿論、改善は進んでいる。がどうやら、エンジンの特殊な点火タイミング
採用でパワーアップには苦労しているようだ。

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

  • 作者: バレンティーノ ロッシ
  • 出版社/メーカー: ウィック・ビジュアル・ビューロウ
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: 単行本

 ホンダ勢、昨年は安定した走りで2勝し見事、新チャンピオンに輝いた
ヘイデン。しかし、ストーナー同様に新生ペドロサが、今期のホンダのマシン
との相性が良く、今期のホンダのエースは事実上、ペドロサとも言える。
ホンダのマシンは、800cc、21L燃料タンクでどこも当然新規のマシンだが、
ホンダのみ、エンジンのパッケージをV型5気筒からV型4気筒と大幅変更。
完成度がまだ低く、毎レースで改良が見受けられる。
 特にヘイデンは、当初からこのマシンとの相性が悪く、レースでは不運も
あり、タイトル争いは極めて厳しい。
 スズキの2台は、オフのテストでも好調だったが、実戦でも好調。
バーミューレンは2年目だが、SBK出身でMOTOGPのマシンに合わせるの
に苦労していたが、見事、初優勝。ポプキンスもAMAのSBのトップライダー
からのステップだったが、初の表彰台でシリーズ5、6位と2人とも良い感じ
でここまで流れに乗っている。
 カワサキは、ここまで大苦戦とも言える。速さでは大きく見劣りしないのだが、
決勝では、転倒が目立つ。ドゥカティに次いで、最高速は速いとも言える。

Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 07月号 [雑誌]

Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 07月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: 雑誌

 唯一のダンロップ(DP)タイヤを選択し、開発をしながらの戦いとなる。
ヤマハサテライトのテック3チームの2人、玉田、ギュントーリは、第6戦から
、ミッシュラン(MI)タイヤと同じ、フロント16インチを採用。今後も、
タイヤの開発競争でどこまで差を縮めれるのか?が鍵となる。
 必勝を願い、ホンダサテライト、コニカミノルタに移籍した中野は、
MIタイヤ、マシン、チーム全てを変更したが、ヘイデン同様のマシンの
症状に悩まされている。非常に厳しいシーズンとなった。
 
 ここまで第6戦が終了したが、BSタイヤの進化がレースの主役たちの
構成を大きく変えた感はする。MIタイヤも改善が進み、今回は1,2フィニッシュ
だが、レインタイヤは依然、BSタイヤ有利だろう。
 DPタイヤは昔、レインタイヤは素晴らしいと言えたが、ギュントーリの走りで
レインタイヤは悪くないと思われる。予選用タイヤの性能を上げて、ポジションを
上げれば、ドライタイヤもタイム差程の差は無いだろう。

 マシンは、各メーカー段階的に対策を施し、差は僅差と言える。
ヤマハはMIタイヤの進化に合わせ車体をアップデートし、最高速を
今後も改善するのだろう。逆にドゥカティは車体を細かく進化させ、ハンドリング
を向上させると思われる。スズキは、もう少し最高速を伸ばし、タイヤの負担を
軽減させると思われる。ホンダはペドロサ仕様は改善が進み、もう一段階、
最高速を向上。ヘイデン仕様は、フロントの接地感を改善する必要性が
まだあると思われる。カワサキは2戦連続転倒のドプエニ、怪我から復帰し
たばかりのジャックと、少しパッケージを扱いやすくしないといけないのかも
しれない。
 

MVアグスタ

MVアグスタ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ネコ・パブリッシング
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 第7戦は、スペインであり、ホンダのペドロサは必勝だろうし、エリアスも
母国レース、ダンティンのチームも母国レースとなる。
ストーナー、ロッシ共に、ここで結果を残しチャンピオンシップで有利に
なりたいだろうが、僅かなミスが2人のライダーの間に数名のライダーが
入る事になり、ランキングポイント争いに大きく影響する。
 ストーナーがタイトルを奪取すれば、1998年以来の最高峰でオージー
のチャンピオン。日本メーカー以外では、1974年のMVアグスタの
リード以来のタイトルになる。 メーカータイトルでは1973年以来。
 ロッシが奪回すれば、最高峰6度目のタイトルとなり、8度のアゴスティーニ
に次ぐ単独2位の記録。1971年以来の最高峰6度目のタイトル獲得ライダー
となる。
 現在33ポイント差のペドロサが逆転チャンピオンの場合、
1999年以来のスペイン人ライダーが頂点に立つ事になる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MOTOGP第4戦。 [ ┣ MOTOGPなどレース全般]

 MOTOGPも、第4戦、中国GPに突入。

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

  • 作者: バレンティーノ ロッシ
  • 出版社/メーカー: ウィック・ビジュアル・ビューロウ
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: 単行本

予選は、ヤマハのバレンティーノ・ロッシが、驚異的なタイムで今期3度目のポールポジション

ただし、フリー走行で、スズキのポプキンス、ドゥカティのストーナーが、同様好調だったので、

決勝になると判らない状況と言える。上位は、ブリジストンユーザーが多く、第3戦同様に、

ミッシュランユーザーは、決勝は走って観ないとなんとも言えない。

 決勝では、ストーナーVSロッシの攻防に背後にポプキンスが追走する

結局、ロッシの僅かなミスにより、ストーナーが独走、ロッシも追い上げるも差は縮まらず。

 開幕戦程ではないが、やはりドゥカティのストレートスピードは脅威的ではある

今回の中国GPは、長いストレートが有り、ロッシは苦戦は覚悟していたので、本人は2位で

満足だろう。

DUCATI Magazine (ドゥカティ マガジン) 2007年 05月号 [雑誌]

DUCATI Magazine (ドゥカティ マガジン) 2007年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2007/03/24
  • メディア: 雑誌

 ストーナーは、これで、4戦3勝で2位のロッシに15ポイントのアドバンテージは大きいだろう。

勿論、このままでは終わらないだろう。ヤマハのマシンは、コーナーリングワーク、ブレーキング

ワークでは大きなアドバンテージがある。得意なコースが多く有る、EUラウンドでその利点を

活かして来るだろう。

Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 05月号 [雑誌]

Kawasaki (カワサキ) バイクマガジン 2007年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ぶんか社
  • 発売日: 2007/03/31
  • メディア: 雑誌

 第3戦あたりから、ストレートスピードは他社のマシンも確実に速くなりつつある。

今回は、カワサキのマシンがストレートスピードが伸びた感がした。ジャックが怪我で欠場と

なった、、が、マシンは確実に修正されつつあるようだ。

スズキRGΓアーカイヴ―1974-1986 ピットウォークフォトコレクション7

スズキRGΓアーカイヴ―1974-1986 ピットウォークフォトコレクション7

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2007/04
  • メディア: 大型本

 スズキは、オフのテストから好調であり、ポプキンスの深いバンクの激しい攻めの走行でも

見事、表彰台3位の登る事が出来た。マシンはかなり正しい修正が出来たと思われる。

ホンダNS500 & NSR500アーカイヴ 1982‐1986

ホンダNS500 & NSR500アーカイヴ 1982‐1986

  • 作者: 吉村 誠也
  • 出版社/メーカー: 大日本絵画
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 大型本

 ホンダは、オフのテストから、フロントタイヤのフィーリング改善の注文をするライダーが、

多かった。ここに来て、昨年のヤマハのような、リアタイヤのチャター発生改善を注文する

傾向に変わりつつある。ヤマハの昨年、幾度も、新規のシャーシ、エンジンの仕様変更を

繰り返したが、今期のホンダも、それを要求されていると思われる。

 

 ライダーの方は、ドゥカティのカピロッシがイマイチなのが気になる。怪我が絶えないのだが、

昨年の勢いが無いのが、少々、ドゥカティのマシンの方向性が合わなくなりつつあるのだろうか?。

 メランドリは、恐らく、昨年同様、マシン、タイヤが信用出来てないのだろう。

 ヘイデンは、ホンダのマシンの問題に当初から、リクエストを要求しており、マシンは、だいぶ

仕様変更が進んだようだ。が、今回は不運としか言いようがない。

 

 SBKのスズキのチームはビアッジが、復帰して活躍しているが、来季、チームと共に、

MOTOGP復帰の可能性が示唆されている。GP2,GP3のトップチーム、マルチネスのチームも

MOTOGP参戦を来季、一台体制で模索しているようだ。確かに、今期のMOTOGP、、。

台数が少ない。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MOTOGP。第2戦へレス決勝結果!。 [ ┣ MOTOGPなどレース全般]

 ポールポジションは、ホンダのペドロサが獲得したヘレス。

決勝では、最後までロッシが譲ることなくトップでチェッカー。

2位にペドロサ。3位にはロッシのチームメイトのエドワーズが

入賞。

中盤まで4位を走行していたディフェンディングチャンピオン、

ホンダのヘイデンは、終盤からペースが落ち6位でフィニッシュ。

 ホンダの中野は10位フィニッシュ。

Mr.Bike (ミスターバイク) 2007年 02月号 [雑誌]

Mr.Bike (ミスターバイク) 2007年 02月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: モータマガジン社
  • 発売日: 2007/01/06
  • メディア: 雑誌

ヤマハでダンロップタイヤの玉田は、チームメイトを従えて14位で入賞。

 スポット参戦の秋吉は17位で完走。

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

バレンティーノ・ロッシ自叙伝(日本版)

  • 作者: バレンティーノ ロッシ
  • 出版社/メーカー: ウィック・ビジュアル・ビューロウ
  • 発売日: 2006/09/06
  • メディア: オンデマンド

 これでタイトル争いは、トップはロッシ。

2位に開幕優勝で今回は5位のストーナー。

3位に2戦連続表彰台のペドロサ。4位にロッシのチームメイトの

エドワーズ。その後、メランドリ、ヘイデンと続く。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

MOTOGP 開幕戦(カタールGP) [ ┣ MOTOGPなどレース全般]

DUCATI完全ファイル 2007―07ドゥカティのすべてがわかる (2007)

DUCATI完全ファイル 2007―07ドゥカティのすべてがわかる (2007)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: エイ出版社
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: ムック

 ロッシが、予選まで順当に来たが、決勝では思わぬ落とし穴が存在した。

ストーナーは、ドゥカティのストレートスピードを有効に使い見事初優勝。 

ペドロサも、ロッシのライバルとして、オフの結果からも注目されたが、

今回は条件が揃わず、しかし無難に3位フィニッシュ。 

ディフェンディングチャンピオンのヘイデンは、オフのテストから抱えた問題。

フロントタイヤの接地感が解決されず8位フィニッシュ。 

 324.7kmのマキシマムスピードを誇るドゥカティの速さが、

決勝では強みになったと言えるだろう。 

他社も、早期にこの問題の解決が急務となるだろう。

 ロッシと、ストーナーとの決勝でのストレートスピード差は、

平均で約12km・・・この差は痛い。

 逆に言えば、それ以外はやはり、ヤマハのYZR-M1は速いとも言える。 

 ホンダは、もう少し、マシンを仕上げなければならないだろう。

特に、ヘイデンチェカも同様にフロントグリップへの不安が発生しており、

深刻だとは言える。 

 スズキは、ポプキンスが怪我から復帰。これは喜ばしい事だろう。 

 戦闘力不足だったイルモア。今回限りで活動を休止が決定した。

ピットマクウィリアムズはこれにより、シートを失う。 

参加するマシンがこれにより、少なくなり少々寂しい気もする。

 

・・・・・・・・・・・・・・・決勝結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1.C・ストーナー>43’02.788(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 2.V・ロッシ>ギャプ+0’02.838(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 3.D・ペドロサ>ギャプ+0’08.530(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 4.J・ポプキンス>ギャプ+0’09.071(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 5.M・メランドリ>ギャプ+0’17.433(ホンダRC212V+BSタイヤ)

 6.C・エドワーズ>ギャプ+0’18.647(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 7.C・バーミューレン>ギャプ+0’22.916(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 8.N・ヘイデン>ギャプ+0’23.057(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 9.A・バロス>ギャプ+0’25.961(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

10.中野真矢>ギャプ+0’28.456(ホンダRC212V+MIタイヤ)

11.A・ホフマン>ギャプ+0’35.029(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

12.O・ジャック>ギャプ+0’42.948(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

13.K・ロバーツJr>ギャプ+0’42.977(ロバーツKR212V+MIタイヤ)

14.T・エリアス >ギャプ+0’42.989(ホンダRC212V+BSタイヤ)

15.S・ギュントーリ>ギャプ+0’51.639(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

16.玉田誠>ギャプ+0’57.853(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

リタイヤ↓

-.A・ピット>ギャプ7Lap(イルモア+MIタイヤ)

-.C・チェカ>ギャプ14Lap(ホンダRC212V+MIタイヤ)

-.R・ド・プエニ>ギャプ15Lap(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

-.L・カピロッシュ>ギャプ16Lap(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

-.J・マクウィリアムズ>欠場(イルモア+MIタイヤ)

 

・・・・・・・・・・・・・・決勝ベストラップ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1.C・ストーナー>1’56.528(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 2.V・ロッシ>1’56.717(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 3.J・ポプキンス>1’56.939(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 4.D・ペドロサ>1’56.951(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 5.L・カピロッシュ>1’57.234(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 6.C・エドワーズ>1’57.238(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 7.A・バロス>1’57.290(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 8.M・メランドリ>1’57.297(ホンダRC212V+BSタイヤ)

 9.C・チェカ>1’57.406(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 10.N・ヘイデン>1’57.468(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 11.T・エリアス >1’57.581(ホンダRC212V+BSタイヤ)

 12.C・バーミューレン>1’57.621(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 13.R・ド・プエニ>1’57.710(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

 14.中野真矢>1’57.815(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 15.A・ホフマン>1’57.897(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 16.K・ロバーツJr>1’58.365(ロバーツKR212V+MIタイヤ)

 17.O・ジャック>1’58.388(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

 18.玉田誠>1’58.828(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

 19.S・ギュントーリ>1’58.972(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

 20.A・ピット>2’00.990(イルモア+MIタイヤ)

 

・・・・・・決勝ベストラップ(メーカー、タイヤ別)・・・・・・・

 1.>1’56.528(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 2.>1’56.717(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 3.>1’56.939(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 4.>1’56.951(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 5.>1’57.297(ホンダRC212V+BSタイヤ)

 6.>1’57.710(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

 7.>1’58.365(ロバーツKR212V+MIタイヤ)

 8.>1’58.828(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

 9.>2’00.990(イルモア+MIタイヤ)

 

・・・・・イベントMaxSpeed(メーカー、タイヤ別)・・・・・・・・・

 1.>324.7km(ドゥカティGP7+BSタイヤ)

 2.>317.9km(ホンダRC212V+MIタイヤ)

 3.>313.1km(スズキGSV-R+BSタイヤ)

 4.>313.0km(イルモア+MIタイヤ)

 5.>312.2km(ホンダRC212V+BSタイヤ)

 6.>311.3km(カワサキZX-RR+BSタイヤ)

 7.>310.1km(ヤマハYZR-M1+DPタイヤ)

 8.>309.9km(ヤマハYZR-M1+MIタイヤ)

 9.>308.5km(ロバーツKR212V+MIタイヤ)

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の5件 | -  ┣ MOTOGPなどレース全般 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。