So-net無料ブログ作成
検索選択
 ┣ プロ野球(全般) ブログトップ
前の5件 | -

世論で結局、希望枠即廃止!。 [ ┣ プロ野球(全般)]

        希望枠は結局即時廃止で決定的。

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2007年 05月号 [雑誌]

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2007年 05月号 [雑誌]


 巨人サイドが、FA制度の見直し了承無しでは、希望枠廃止は出来ないと
強固な姿勢をみせていたが、結局、世論、アマチュア球界からの強い反発、批判に
あい、全球団(12球団)サイドから希望枠は使用しないとの連絡があり、結果、
廃止の方向性で決まった。

ジャイアンツ愛―原辰徳の光と闇

ジャイアンツ愛―原辰徳の光と闇

  • 作者: 赤坂 英一
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2003/05
  • メディア: 単行本


 巨人の人気低迷はやはり、一般的な思想哲学から外れた思想展開が、このように
続いているからではないか?。他の11球団の大半は、人気を得ており、野球その物は、
メジャー同様に、日本人の的を外しては無い。
 巨人が強くなくてはならない?。それは、メディアと球団関係者の自論であり、
世論も強いに越した事は無いとは思っているだろう。
 しかし、強くなるとは、自力で強くなる。これはスポーツとして、プロスポーツでも
当たり前の原点であり、必要不可欠である。周囲を弱くして自力を付ける。
これでは、周囲も力を失い、自分達も駄目になるだけであろう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

巨人強硬、希望枠廃止は来季へ [ ┣ プロ野球(全般)]

    今年の希望入団枠撤廃は結局消滅した。
 FA短縮を条件とする巨人の傲慢な姿勢と、、、
根来泰周コミッショナー代行の仲裁案は完全な巨人案だったので、
10球団はそれを了承せざる得なかったが、来季へ持ち越した理由と
思われる。

新約「巨人の星」花形 3 (3)

新約「巨人の星」花形 3 (3)

 FA取得条件の年限は、即時7年に短縮し、更に5~6年まである程度

の期間を設けて短縮する提案である。
 しかし、FAも確かに問題ではあるが、希望枠は現在もっとも対処する

べき問題であり、FAと絡める事自体が、そもそも可笑しい。 各球団の

答えは8球団は即時希望枠は廃止の方針だった。


ソフトバンク広島は代わりに問題になるであろう選手の海外流出など
への対処の提案を盛り込む。それにより希望枠は即廃止に賛成。
 巨人は、反対で希望枠は継続。
 巨人のFA短縮が条件案。結局、根来コミッショナー代行が各球団に示

した裁定が、FA短縮で7年で段階的に移行と示し、他球団10球団は今

期のみ継続するのを了承した。

スポーツと国力―巨人はなぜ勝てない

スポーツと国力―巨人はなぜ勝てない

  • 作者: 大坪 正則
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社出版局
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 新書


 他球団は、FA短縮はある程度、今後認めざるえない事は承知

しているが、あくまでも1年の短縮までなら了承が大多数であり、2年短

縮はやはり、球団経営に支障があると考えざる得なかったのだろう。

 

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2007年 04月号 [雑誌]

月刊 GIANTS (ジャイアンツ) 2007年 04月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 報知新聞社
  • 発売日: 2007/02/24
  • メディア: 雑誌

 FA短縮で得をするのは?巨人だけであろう。
得とは言い切れないが、昨年、豊田、野田、今期は小笠原、門倉と
2シーズンでFA選手を投手で3名、野手1名も獲得している。
 本来は、選手の出場する機会を与える為と、球団の戦力の均等化

が目的としていたが、2シーズンでFA投手を3名も獲得するのは?。
どう考えても?。可笑しい話ではある。
 勿論、FA短縮で巨人だけが美味しいのか?と断定できるのか?。


と言われれば、巨人の考えはことごとくハズレるので、、、。
 たぶん、主力選手が2歳若くFA権利を取得できれば、メジャー挑戦へ
の可能性は更に高まるだろうし、メジャーも大金を用意するだろう。
 巨人の思惑どうりには結局行かない筈である。むしろ球界が窮地に
起たされるのはより確実になっただろう。
 
 個人的には、西武には発言する権利を当然ながら、西武は自ら拒否し

たが、、巨人、横浜阪神も、本来は提案をする立場ではないだろう。裏

金を出していたのだから。時間が経過し体制も見直したので、了承する

ぐらいは良しとするが、、。 日本球界、とにかく巨人が足を引っ張ってい

るとしか思えない。


日本の裏金 上 首相官邸・外務省編 (1)

日本の裏金 上 首相官邸・外務省編 (1)

  • 作者: 古川 利明
  • 出版社/メーカー: 第三書館
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本

日本の裏金 下 検察・警察編 (3)

日本の裏金 下 検察・警察編 (3)

  • 作者: 古川 利明
  • 出版社/メーカー: 第三書館
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本

1リーグ化の話も、巨人主体だった。今期も大補強の巨人。
、、、、プレイオフに残れるのか?。上原に次いでパウエルも離脱。
打線は、巨人?と思われるラインナップで挑む。数年前のパリーグオールスター?。
 個人的には、これでも巨人だと言えるのか?。とファンには
問いかけたい気もする。でも、この状態でも応援するのだから、
余程の理由があるのだろう。怖いので関わりたくは無い。

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

中村ノリ!。タフィー・ローズ!?。 [ ┣ プロ野球(全般)]

 プロ野球も、キャンプが始まり、新助っ人外人、ドラフトルーキー達、

故障からの復活を試みる選手、更なる飛躍を掲げ奮起する選手、

スタメン復活に賭ける選手など切磋琢磨がメディアで盛り上がっている。

ベースボール・レコード・ブック〈2007〉

ベースボール・レコード・ブック〈2007〉

 中村ノリは、どうなるのか?と思ったが、中日落合監督が助け舟を出し、

育成枠で復帰できそうな展開になった。

・・・・が、、、久々の中村ノリ痩せてますし、顔色が悪い。しかし、これで

仕事に専念できるので、本人はホットしているでしょうね。

 

 もっとも衝撃的なのは・・・またもオリックス。今度はタフィー・ローズです。

まだ、テスト結果次第ですけど。引退して1年間のブランクですよ。

 ロッテが、横浜のローズを獲得した時も衝撃でした・・・結果散々でしたが・・・。

 

新庄のやり方50―人生・仕事に役立つ「SHINJO流」哲学

新庄のやり方50―人生・仕事に役立つ「SHINJO流」哲学

  • 作者: 三洲田 泰雅, 覇夢 付愛太
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 文庫

 巨人は、原監督・・・・この人は、って言うか管理が出来ない。

二岡、上原、門倉、辻内、林、すぐに消えたテスト入団の助っ人・・・と・・・。

斉藤は、交通事故ですけどね。そう言えば、、堀口監督も、、2年目、テスト入団で

来日した左腕の投手・・・一瞬で帰国したよね。育成選手もやたら多いので、、、

名前すらまだ、、覚えられません。(私個人)

Gファイル―長嶋茂雄と黒衣の参謀

Gファイル―長嶋茂雄と黒衣の参謀

  • 作者: 武田 頼政
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 単行本

 とは言え、実際は、オープン戦、そして、開幕でフタを開けてみないと

分かりません。オープン戦は当てにならないしね。

 まぁ、オモシロそうな素材も多そうなので、今期も楽しめそうです。

プレイオフがセパ両リーグで行われますしね。

交流戦が少なくなるので、それぞれのリーグで、苦手を作ると

致命傷になる。スコアラーの力が勝敗の鍵を握りますな。

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

星野ジャパンは4番などいらん! [ ┣ プロ野球(全般)]

      星野ジャパン誕生!。コーチ陣営も発表され、更に、12球団の
 枠のない選手の選出可能の確約も取れた。

 メジャー選手はどうなるのか?不明確だが少なくとも日本球界だけは、
ベストな陣営を組めると思える。
(怪我人、スランプなどで、ベストになるのか?と言えば難しいのだが。)

中日      阪神        ヤクルト     巨人        広島      横浜
福留孝介   鳥谷敬       青木宣親    小笠原道大   前田智徳   相川亮二
荒木雅博   赤星憲広               阿部慎之助   梵英心     
井端弘和   金本知憲                         東出輝裕
谷繁元信   浜中治                           新井貴浩
         関本健太郎
         矢野輝弘

日本ハム   西武      ソフトバンク    ロッテ      オリックス   楽天
田中賢介   片岡易之   川崎宗則      西岡剛     不在・・・・   鉄平
森本稀哲   赤田将吾   大村直之      里崎智也
金子誠     中島裕之   松中信彦
稲葉篤紀   和田一浩    多村仁

 勝手に、リストアップしてみた。投手の兼ね合いで実力だけでとは実際には?
難しいだろう。
 機動力、出塁率、犠打、長打力のバランスを考慮し、守備力も考えると
メンツはこれから更に絞れる。
あくまでも、昨年の成績、重要なのは今期の成績となる。
成長するであろう選手、怪我から復活するであろう選手が含まれてないが、
持病と年齢に心配がある選手も、同等のパフォーマンスの場合今回は除外した。

投手は、中日、阪神、日本ハム、西武、ソフトバンク、ロッテからで、10~12名は容易に
リストアップができる。投手はかなりベストな陣営は組めると思える。

捕手は、セパから各1名だろう。パリーグの方が先発投手が多く出るだろう。
リリーフはセリーグが多いだろう。パリーグはスタメンで出れる捕手となると・・・
里崎しかリストできなかった。セリーグは谷繁が本命だろうが、選出の数を考慮すると
阿部、矢野、相川も可能性があるだろう。

この勝手なリストでも、、、不安要素が見えているが・・・・オリックス、楽天、横浜、
ここは、投手でこれだ!と言わせる選手、これなら、あちらは投手を選出し打者を
リカバリーすると言わせれる選手が欲しい。
オリックスは、阿部内野手を何とかして欲しい。守備は文句無い。
楽天は、岩隈の復活、一場の成長。
横浜は、投手でこれだ!が欲しい。

 巨人は、林、上原の投手が怪我からのスタートだが、彼らが使えると助かる。
ヤクルトは、青木は確定だろう。もう一人これだ!と言わせる投手が欲しい。
広島は、黒田さえ完璧なら文句は無い。が、、天才前田が古傷も問題なしで
ヤル気満々だと、本当に助かるのだが・・・。怪我しなければ・・・バリバリメジャー
で活躍しただろうに・・・。広島ファンじゃないけど、この選手は本当に凄い。
阪神は、多めにしといた。鳥谷、関本、濱中は毎年、確実に欠点を改善しているので
今期の活躍次第といえる。ソフトバンクの多村もリストアップしたが、ソフトバンクは
確実に川崎内野手、投手2名で選出だろう。何かやってくれそうな選手なのだが、、、
だから、濱中をリストアップしといた。村田もありだろうけど。
濱中の方が、意外性があると判断した。
チームの精神的柱として、金本、和田、稲葉、松中をリストアップしたが、選ばれるのは
1~2名だろう。昨年の状態では稲葉が適任だろう。
金本の方が、柱としては適任だろうけど。経験で松中、和田も安全パイである。
金本は、連続フル試合出場に影響するのか?気になるが、ストップの理由がそれなら、
理想とも言える。

メジャーの選手達も、アピールしているのだが、これに関しては、球団の方針が先行するので
期待しないほうが良いだろう。イチロー、城島、井口、ゴジラ松井、松坂など、そりゃ~・・・・
来てくれれば大歓迎だが・・・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:スポーツ

星野ジャパン誕生!。時代が大きく動くかぁ?。 [ ┣ プロ野球(全般)]

2000年、オリンピック代表に初めてプロ野球選手が加入したが、
パリーグのみの参加となり、4位に留まった。・・・・・・・・・・・・・・

2004年、長島ジャパンとなり、セリーグの選手も参加し、プロ野球
代表チームとなるが、1チーム2選手の枠に翻弄されベストとは
言い難く3位に留まった。・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年に向けて、星野ジャパンが誕生し、悲願の金メダル獲得なるか?
セパ両リーグの参加は継続、現段階では1チーム2選手までの枠が、
新たな焦点となるであろう。・・・・・・・・・・・・・・・・

世界一 V!! 王JAPAN  2006年 05月号 [雑誌]

世界一 V!! 王JAPAN 2006年 05月号 [雑誌]


2006年、WBC王ジャパンは、ベストメンバーではなかったが、
メジャー選手、2選手の枠も解除した球団もあり、見事頂点になった。

WBC 王ジャパン世界一!  2006年 05月号 [雑誌]

WBC 王ジャパン世界一! 2006年 05月号 [雑誌]

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2006/03/30
  • メディア: 雑誌


 これまでの、代表選手の年齢も、2008年に照準を合わせると、
世代交代もある程度、考慮しなければなるまい。・・・・・・・・・・・・・

 2009年にWBC。2012年はオリンピック。(WBCは3年に一度・・・
重なるけど・・・どうするんだろう?。)

 将来的には、アンダー23などの変更はあるだろう。
阪神、巨人は積極的に枠に捕らわれないサポートをする意思を
表明したが、どれだけ随時、この意思表明をする球団が出てくるのか?

 不安視された中日は、個人で福留選手が代表参加意思表明をした。
(ただし、代表で出れるのは最後?の意味は?・・・中日ファンの人は
気になっているだろう。・・・FAメジャーかぁ?。)

 プロ野球界、混沌とした状況ではある、課題も沢山あるし・・・・・・
代表戦は、今後のプロ野球界に大きなウェイトを占めて行く可能性は
十分にあると思われるので、星野氏に期待したい。
(勿論、巨人、阪神の全面協力は大きな助け舟になるだろう。・・・・
しかし、日本プロ野球自体の組織その物を、改革するべきタイミングでは
あるだろう。プロ野球、社会人野球、大学野球、高校野球、リトルリーグ
などの組織の統括。及び、メジャーとの規定作り。)

 Jリーグの方向性は全てが正しいとは言い切れない。選手の年俸などを
考慮すればベストだと言い切れない。
(少なくとも、プロ野球、プロリーグとしてはメジャーに次いでNO2の
パフォーマンスを観客に魅せれるレベルなのだから。そして、改善策の
カードは、お蔭様と言うのは変だが、沢山残されている。
 なんと言っても、ワールドカップで頂点なんだからさぁ。)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -  ┣ プロ野球(全般) ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。